自由ケ丘どうぶつ病院|三重県鈴鹿市にある動物病院です。一時預かりも行っています。

自由ケ丘どうぶつ病院|犬・猫・小鳥・ハムスター・うざぎ・フェレット

避妊・去勢

手術の時期は、猫は6ヶ月前後・犬は7ヶ月前後が最適です。 猫・犬ともに健康であれば、たいして心配のいらない手術です。
ただし普段から、猫・犬の健康状態には十分に注意しておいて下さい。
当院では、猫・犬不妊手術の相談以外にも、困り事相談も応じています。お気軽にご相談下さい。

メスの場合

  • 不妊手術をすることによって、子猫(子犬)を生まなくなります。また、里親探しなどの苦労が無くなります。
  • 発情が無くなりますので、近所に迷惑をかけたり、うるさく鳴いたり、落ち着きが無くなったりしなくなります。
  • 雄がいっぱい寄ってきて騒ぐことがなくなります。
  • 性格がおとなしくなるので、近所迷惑になりません。
  • 飼ってやれない野良猫・犬がこれ以上増えるのを、くい止めることが出来ます。

オスの場合

  • 自分のなわばりであることを示す為にあちこちに、せわしなく排尿(オシッコ)をかける事がなくなります。
  • 雄同士の勢力争いで喧嘩をする事がなくなり、怪我をすることも激減します。
  • ご近所の雌猫に子を産ませて、問題を起こす事がなくなります。
  • 雌猫を求めて家出し、そのまま行方不明になる事がなくなります。

  • 予約された方は、前日夜9時以降、飲食をさせないでください。
  • 避妊・去勢手術を希望される場合はご予約が必要です。
  • 手術の前日には、過度な運動は控えさせてください。もし、元気に走り回ってしまうようでしたら、ケージの中で静かに過ごさせるという方法も御一考ください。
  • 出来るだけ排尿、排便をさせてから来院して下さい。
  • 手術の立ち会いはできません。
  • 犬、猫の不妊手術は1日お預かりします。(翌日退院)
    犬、猫の去勢手術は午前中にお預かりし、午後4:00以降〜7:00のお返しになります。退院後は当院の注意や指示を守り、衛生的な場所で管理して下さい。特に手術部位をなめたり、汚したりしないよう注意して監視して下さい。もし異常が見つかりましたら、速やかに当病院へ連絡して下さい。
  • 抜糸は手術後、1週間から10日程度で行います。内服薬の投与の指示が出た場合は、指示通りに投与して下さい。
  • 特異体質による不慮の事故、死亡の場合、手術時が伝染病潜伏期間中で手術後発病に基づく死亡の場合は、当院では損害賠償の責任は一切負いません。
  • 手術後、飼い主の不注意で化膿したり、再手術が必要な場合は別途に料金をお支払いいただきます。
  • 手術の前には、承諾書に記名押印して提出していただきます。内容をよくお読みなり、ご理解いただいた上で、ご提出ください。
  • 術式、見積、予後のケアなどを、事前にきちんとご説明いたします。

Copyright © 2004. 自由ケ丘どうぶつ病院. All Rights Reserved.
三重県鈴鹿市下大久保町2669-3|TEL 059-374-4828