自由ケ丘どうぶつ病院|三重県鈴鹿市にある動物病院です。一時預かりも行っています。

自由ケ丘どうぶつ病院|犬・猫・小鳥・ハムスター・うざぎ・フェレット

よくあるご質問

避妊・去勢手術について

不妊手術をすると肥満になりやすくなりますか?

ホルモンのバランスにより、若干太る傾向にあります。適度な運動と食事制限しましょう。

不妊手術をすると乳がんになりにくくなるのですか?

3才までにしていただくと、ほぼ100%ないです。それ以降は確立が上がります。

不妊手術を受けると何か問題は起こりますか?

プラスαのほうが大きいです。

不妊・去勢手術を受けると性格が変わりませんか?

変化はありません。いつまでも幼い性格が残る子もいます。

不妊・去勢手術は市の助成金の対象ですか?補助金額はどれくらいですか?対象年齢はありますか?

助成金の対象です。鈴鹿市の方は、用紙が当院に用意してあります。
四日市市は事前に役所に行っていただき、この当院で手術をすると言って決定書を提出してください。

【犬】 オス:1500円 メス:3000円
【猫】 オス:1500円 メス:2000円
※いずれも後日役所から銀行振込となります。

フィラリアについて

薬を飲ませるのが大変なので、錠剤でなく予防注射はありますか?

蚊のシーズンである、毎年5月〜12月に毎月錠剤を飲むほうが確実です。飲み方は1ヶ月に1回飲んで、1ヶ月皮膚にたまった仔虫を洗い流します。(つまり汚物を1ヶ月ためてキレイに洗います)

室内犬も予防は必要ですか?

人間でも室内で蚊にさされるので(とくに昼間の蚊)もちろん必要です。

フィラリアは妊娠時子犬に移りますか?

フィラリアは蚊によって媒介されないので、妊娠時にはうつりません。

交配の時に移りますか?

交配時に相手の犬から移ることはありません。

ワクチンについて

いつワクチンを受ければいいですか?

生後2ヶ月で1回目。さらに1ヵ月後〜生後5ヶ月以内に2回目を接種します。それ以降は1年に1回必要です。

ワクチンにはどんな種類がありますか?

犬:5種、6種、9種ワクチン 猫:3種、4種ワクチンがあります。

いつでもワクチン接種はできますか?

できます。

なぜ狂犬病の予防接種が必要?

隣国が全て狂犬病で汚染されているので、いつ入ってきてもおかしくありません。必ず予防が必要です。

接種後に注意する事はありますか?

接種後は安静にしてください。

応急処置について

犬の日射病はどんな症状になり、どんな応急処置が必要でしょうか?

炎天下の放し飼いや激しい運動、車の中での放置、高温で風通しが悪い場所などが原因となります。
症状は、ハアハアいって、呼吸困難、嘔吐、痙攣、意識混濁などです。
とにかく水を掛けて冷やし、できれば浴槽に20分〜30分つけてください。体温が下がったら、必ず急いで診察を受けてください。

その他

皮膚炎・アトピーについて

愛犬が背中やおなか、内股などをしきりになめたり、かんだり、耳の辺りを後ろ足でカリカリとかいていたりする時は、まず医院にお連れください。
犬のアトピーには強い品種特異性があり、家族性の発症が認められることもあることから遺伝性疾患である可能性が示唆されています。
当院では食事療法が重要と考えており、専用療法食を食べてもらい、シャンプーで治療します。

フィラリアはどうして犬にだけ寄生するのでしょうか?人間は何故寄生されないのでしょうか?

フィラリアは猫にも寄生します。人間にも寄生することはあります。感染した犬が感染源ですので、犬は必ず予防をしましょう。

犬や猫にタマネギは毒なのでしょうか?

ねぎ、にらなどは加熱しても駄目です。赤血球が破壊されてしまいます。

お菓子が好きなうちの犬に、与えてはいけないものってありますか?

チョコレートに含まれる”テオブロミン”は心臓や中枢神経を刺激しますので、嘔吐や下痢症状を起こしてしまいます。

Copyright © 2004. 自由ケ丘どうぶつ病院. All Rights Reserved.
三重県鈴鹿市下大久保町2669-3|TEL 059-374-4828