自由ケ丘どうぶつ病院|三重県鈴鹿市にある動物病院です。一時預かりも行っています。

自由ケ丘どうぶつ病院|犬・猫・小鳥・ハムスター・うざぎ・フェレット

一般検査

予防と健康診断を大事に考えております。その時だけの病気の対応だけでなく、定期的な検診を受けることで隠れた病気が発見できることもあります。
自分の体の様子を話せない動物だからこそ検査は大事です。体の状態を客観的にとらえ、あいまいな知識や経験にとらわれない診療を心がけています。

インフォームドコンセント

飼い主さんに全ての情報を提供し安心していただく個々に丁寧に診察し飼い主さんに納得していただけるようご説明し、難しいところは、プリントを渡し見ていただきます。つまり、飼い主さんと一緒になって問題を解決していきます。

血液や尿などの検査

飼い主さんにお聞きした動物の状態と一般検査の状態から必要と思われるさまざまな検査をしていきます。

検査の結果を待って診断です。

飼い主さんと動物がこれからどうしたらいいか、 治療にはどんな方法があるか説明します。

投薬

お薬を出す場合は、薬の説明をします。
薬を使用して、どんな効果があるか、どうして必要なのかを飼主さんにわかるよう説明します。納得がいかないままできちんとした治療はできません。

食事

食事療法が必要なら、その説明をします。
どうして必要なのか、市販されているものでは駄目なのか詳しく説明します。療法食は、自由ヶ丘どうぶつ病院が使用しているものです。獣医師の指示通りに与えるようにします。

一般検査内容

行動を観察

まず、犬を歩かせて診察室に入室させます。診療室内で行動を診ますので、犬は抱かずに床に下ろしてあげてください。そのときに歩行・行動・性質などをチェックします。視覚・聴覚・臭覚も観察できます。

体重測定

来院の度に測定します。
健康のバロメーターとして大切なことです。ボディコンディショニングスコアで、その子の栄養状態を評価します。

後部診察

体温測定をします。
(常に体温測定をするわけではありません。耳翼や口腔内や脇・内股などの触診でも体温を判断します。)体温測定の間に、肛門周囲の検査・大腿動脈圧の検査・睾丸・陰嚢・陰門・体表にあるリンパ節などを診ていきます。

頭部診察

眼球・瞳孔・鼻腔・耳・頭部・顔の筋肉などの左右対称性を診ます。
それから、各々の細かな検査をしていきます。鼻腔・口腔外側・口腔内側・眼・耳・リンパ節などです。 眼底や外耳道・鼓膜などは、検眼鏡・耳鏡などで検査します。

触診

体表・皮膚・肩甲前リンパ節・後肢・腹部(骨盤腔内・上腹部・内腹部)を診ていきます。
寝てくれる仔は横向きに寝かせて腹部を診ます。

聴診器

頚部・胸部・肺・心臓・腹部に聴診器をあてて聴診します。

問題点の追求

身体一般検査で異常があったり、疑問に思ったりした事をお話しします。それについてさらに、どのような検査や経過観察が必要なのか、もしくは、どのような治療手段があり、それにかかる金額を先ず大まかに提示・説明させていただきます。そして、さらに詳しいご説明をさせていただき、その先に進んでいきます。

Copyright © 2004. 自由ケ丘どうぶつ病院. All Rights Reserved.
三重県鈴鹿市下大久保町2669-3|TEL 059-374-4828